化粧崩れしない方法 まとめ

化粧崩れしない方法 まとめ

シルキーカバーオイルブロック

 

化粧崩れしない方法は、スキンケアによるお肌の土台作りにあります。

 

お肌の汚れは、当然化粧崩れの原因になります。
だからといって、ゴシゴシ洗ってしまってはお肌にダメージを与え、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗い、ぬるま湯でしっかりすすいだらタオルでお顔を抑えるようにして水分を拭き取ります。

 

 

特に化粧水はお肌に水分を与えるために大事なアイテムです。
十分潤うまで、コットンを使ってたっぷりとお肌に浸透させるようにします。それから美容液・乳液・クリームなどのお手入れになりますが、一つ一つ丁寧にお肌に浸透させていくことで保湿効果が高まります。

 

 

 

化粧崩れを防ぐためには、スキンケアの段階でしっかりと保湿をすることが重要です。
お肌に潤いが足りないと、ファンデーションが密着しません。また、お肌が乾燥していると皮脂の分泌が活発になってしまいテカリの原因になります。

 

スキンケアの後、すぐにお化粧を始めるのではなく少し時間をおきます。
すぐにメイクを始めると、ファンデーションのよれなどの原因になります。
メイクを始める際には一度ティッシュで顔を軽く抑えて余分な油分を取り除きます。そうすることで、お化粧のノリが良くなります。

 

 

 

ファンデーションを付ける前には化粧下地を使いますが、顔に汗をかきやすい方は化粧下地を塗る前に顔汗専用の制汗ジェルなどを塗るとさらに効果的です。

 

化粧下地やファンデーションなどのベースメイクは、ウォータープルーフタイプのものを使用して均一に厚く塗り過ぎないようにします。
特に化粧下地は、保湿が大事とばかりにたくさん塗り過ぎると化粧崩れの原因になります。

 

 

また、日本人の肌色は黄みよりなので、少しピンクがかった色の下地を使うとファンデーションの発色がキレイに出ます。

 

指で直接塗るよりも、スポンジやパフを使った方がより肌に密着するので崩れにくく、厚塗りの防止にもなります。
仕上げは軽く叩くようにするとよくなじみます。

 

 

 

シミやクマなど気になる部分は、コンシーラーを少しずつ薄く伸ばしてスポンジで軽く抑えてなじませます。

 

下地を塗り終わったらファンデーションを塗っていきますが、オススメはリキッドファンデーションです。
リキッドファンデーションも下地を塗るときと同様にします。
専用のブラシがあればムラなく仕上がり、フィット感が高まりつやが出ます。

 

 

最後はフェイスパウダーで仕上げです。フェイスパウダーは、皮脂や汗を吸着して化粧崩れを防いでくれる重要なアイテムです。
パフにフェイスパウダーをもみ込んで、顔全体にまんべんなくのせます。

 

他に気を付けることは、お化粧をするときは明るい所ですること・産毛の処理をすることです。
暗いところでお化粧すると、つい厚塗りになってしまいがちになります。
また、産毛を処理することでお化粧のノリが良くなり、透明感のある仕上がりになります。