すっぴん風メイクにしたい!下地の選び方やアイラインのコツ

すっぴん風メイクにしたい!下地の選び方やアイラインのコツ

すっぴん風メイク

 

すっぴん風のメイクは、美肌でなければ難しいのではないかと考える人は多いと思います。
毛穴が目立つ、シミが目立つ、肌荒れが目立つという悩みを抱えている人にとって、すっぴん風のナチュラルメイクは憧れです。

 

こういった人がすっぴん風のナチュラルメイクにしていくためには、化粧下地の選び方が重要になってきます。

 

 

肌の悩みをカバーしてくれる化粧下地を選ぶ

 

すっぴん風メイクにするためには肌の悩みを隠すため、下地選びがとても重要になってきます。
下地選びは30代以降であれば肌のキレイさや明るさをアップさせられるように、ピンク系の下地を使うのがオススメとなっています。

 

くすみをカバーしたり、肌の明るさをアップさせることができるパールの粒子が使われているものを使うのもオススメです。
下地はメイクのベースとなる物なので、メイクを厚塗りにしなくてもいいような物を選ぶのが重要になります。

 

 

ファンデーションはリキッドやクリームなどがオススメ

 

下地同様にすっぴん風のナチュラルメイクで欠かせないのがファンデーションです。
ファンデーションは粉のタイプを使用してしまうと厚塗りになってしまったり、夕方に化粧崩れを起こしてしまう可能性があります。

 

そのため、素肌感の出るタイプやツヤを感じさせられるようなファンデーションを選ぶようにしましょう。
ファンデーションの種類はリキッドやクリーム、エマルジョンやオイルなどがありますが、リキッドファンデーションを薄めに塗っていくのがポイントになります。

 

リキッドファンデーションは毛穴を隠してくれたり肌荒れをカバーしたり、肌のくすみやシミを隠してくれるので、スッピン風メイクには欠かせないアイテムです。

 

 

コンシーラーで悩みをカバーしよう

 

リキッドファンデーションを使っても、なかなか肌荒れやくすみ、シミをカバーできないということも多いです。
この場合は、リキッドファンデーションを厚塗りしてしまうのではなく、コンシーラーを使って上手くカバーするようにしましょう。

 

リキッドファンデーションを塗り過ぎてしまうことで素肌感が出なくなってしまい、せっかくのすっぴん風メイクが無駄になってしまいます。
コンシーラーを使った後に手で馴染ませて、肌荒れやシミなどを隠していることがバレないように心がけましょう。

 

 

アイラインは黒を使わないのがオススメ

 

すっぴん風のナチュラルメイクで欠かせないアイテムは、なんといってもアイラインです。
アイラインを選ぶポイントや描き方を間違えてしまうと、ナチュラルメイクでもきつい表情となってしまいます。

 

また、黒いアイラインを使ってしまうとナチュラルメイクをしていても、けばけばしい派手な印象となってしまうので注意しましょう。
そのため、アイラインはできるだけ黒を使用せず、ブラウン系の色を使うことによって目元を柔らかい印象にすることができます。

 

アイラインを描いていくときは目じりの部分を少し上げることによって、リフトアップ効果が期待できるようになるのですっぴん風メイクにはオススメです。