シルキーカバーオイルブロック シリコン

シルキーカバーオイルブロックのシリコン

シルキーカバーオイルブロック.危険

 

シルキーカバーオイルブロックは一部の口コミで危険ではないのか?と言われています。
その理由は、シリコン(ジメチコン)が含まれているからです。

 

 

シリコン入りの化粧品は危険だと噂されていますが、本当でしょうか?シリコンは賛否両論がある成分です。
資生堂の研究発表によると、「シリコンによる危険性はない」とされています。

 

資生堂の研究発表

 

1 シリコンで毛穴が詰まることはない

 

肌に膜をはるシリコンですが、洗い流しても落ちないということはありません。粒子が細かいので流れやすいです。
もし一度の洗顔で落ちなかったとしても、翌日の洗顔時には確実に落とすことが出来ます。長期間、皮膚にたい積するという事実はありません。

 

 

 

2 シリコンのせいで美容液が浸透しないことはある?

 

ないです。シリコンが皮膚を隙間なく埋めることは、そもそも不可能です。たとえシリコンを塗っていたとしても、肌表面のキューティクルを通過して、真皮まで浸透させることができます。

 

 

結論

シリコンに問題があるというのは、あくまで噂でしかありません。最近では、ノンシリコンシャンプーや無添加化粧品が流行っていますが、その実態はシリコンを入れない代わりに、より危険な添加物を混ぜています。
オーガニック系なら、本当に無添加かもしれませんが、ノンシリコン系は気をつけたほうがいいでしょう。

 

 

どの化粧下地にも言えることですが、肌に付着した下地は綺麗に落とせば大丈夫です。
シルキーカバーは少量でもよく伸びるので、クレンジングの量も少なくてすみますよ。